スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーテン&ダイニング 

カーテン選び。

入居前に設置しておかないと大変なことになるのがカーテン。
対象となるのは、東南角部屋の日当たりのよいお部屋。
20畳ぐらいのワンフロアに腰窓が2つと掃き出し窓が2つ。
(キッチン&ダイニングゾーン、リビングゾーン、書斎ゾーンが仕切なし)
でも、築古物件なので、窓が床から180cmぐらいしか高さがない。
天井自体が240cmと決して高くないし、
これに窓寸のカーテンつけたら、妙に鬱陶しくなりそう。
上から吊る方法もあるんだけど、カーテンって全開か全閉が基本って感じで、
目隠ししつつ微妙な光を取り入れたいと思ってもうまくいかないし、
不必要にゴージャス感が出てしまうのが好きじゃない。
レースカーテンもあんまり好きじゃないし。

ということで、悩み悩んで決めたのが、
バーチカルブラインド&ロールスクリーンという選択。
バーチカルブラインドってのは、短冊状の布(ルーバー)が
何枚も垂れ下がってる「縦型ブラインド」ってやつですね。
これがパタパタ開閉することで、光量が調整できるってわけで。
天井から吊っても圧迫感がなく、むしろ縦のラインですっきり見えます。
腰高窓には共布のロールスクリーンをつけることで一体感を。
これも天井から吊ることで、低い天井が高く見える錯覚を起こすことが
出来そう。

そこからはまず、メーカー選び。
縦型ブラインドを扱っているメーカーの大手は、
タチカワ、ニチベイ、TOSOぐらいなのかな。
タチカワ 縦型ブラインド ラインドレープ
ニチベイ 縦型ブラインド アルペジオ
TOSO バーチカルブラインド 

とりあえずこの3社で色々比較。
定価にそんなに大きな差はないんだけど
(メーカー内での布のグレードによる価格差の方が大きい)、
操作方式とかルーバーの連結のしかた
(基本的に下でスペーサーコードと呼ばれる紐やチェーンで繋がれている)
など、メーカーによって仕様やバリエーションは様々。

そんななかで、ワタシが気にしたのは、
ルーバーの連結とルーバーの重なり方。
ベランダに繋がる窓につけるブラインドだから、
できればスペーサーコードはつけたくない。
(ちょっと出入りしたいぐらいなら、ルーバーをパラっと捲って出る
なんて荒技ができると便利だし、閉じているときに紐やチェーンが
床の上でガサガサしてるのもなんだか美しくないし)

ルーバーの重なりは、「シングル」と呼ばれるブラインドを閉めたときに
ほぼ一枚布になるようなものが基本なんだけど(ルーバー幅とは別)
遮光性も含め、もうちょっと重なりが深い方がいいな。
などと色々考えた結果、

ニチベイのアルペジオ・ルーバー幅100mm/モアラップスタイル/ミニマル仕様に決定。
※モアラップにすると、スペーサーコードをつけずにウェイトで
ルーバーの動きを制御する「ミニマル仕様」にすることができます。

もちろん共布のロールスクリーンにも対応していることも決定要因。

やっとひとやま超えました。

そして、取扱店探しと色選び。
ネットで探すと国内メーカー品とは言え結構、割引をしているみたい。
ただ、カーテンよりは割引率が低い店がほとんどだったり、
採寸料が別途で高かったり。
かの有名な「ユザワヤ」にも相談に行ったんだけど、いい条件は引き出せず。
「定価50%値引き&格安で採寸に来てくれるところ」を目安に
探しまくったところ、
株式会社エフエヌケイさん(ブラインド事業)のウェブショップを発見。

50%引きで、採寸費は門前仲町からの交通費のみというサービスの高さ。
メール応対してくださった方も非常に丁寧な女性で、好感度UP。
サンプル帳を持っていただきつつ、無事採寸までは完了。
(ちなみに取り付けはリフォームをしていただいている工務店さんに)


しかし、一番悩んだのは色でした。
床も壁も白なので、出来るだけカーテンも軽い色にしたいのだけど、
さすがに白では汚れが目立つし、外からの透け感も気になる。
ということで、白と茶の間の微妙なグラデーションをしている色見本を手に
悩むこと数日。(このおかげで、発注が入居日1週間前というギリギリに)
結局、
アルペジオ(縦型ブラインド) フェスタA4629 
ソフィー(ロールスクリーン) フェスタA4508(カフェオレ)
に決定。

(ちなみに、同色なのに品番違うって、わかりにくいよな~)

ギリギリだったにもかかわらず、
入居前に設置できるように納期の対応をしてくださり
(実質5日ぐらいだったかな)、とても助かりました。

やっとこれで、部屋のイメージがつかめてきました。



そして、ダイニング(なげ~~)

憧れでしたね~。ダイニングテーブルのある生活。
コタツでご飯も食べて本も読んで、ネットもやって、時には寝てしまう、
なんてボーダレスな生活をしてましたから(こうやって書くとひどいな)
せめてさわやかに朝ご飯を食べられるような空間は作りたかった。

今回も、ダイニングルームが別にあるわけではないのですが、
キッチンが壁に向いているため、比較的ダイニングキッチン用のスペースが
とれそう&必要ということで、最初は、高めのスツール&カウンター形式に
しようかな、とも思ったのですが、ダイニングセット購入を決意。

やっぱり気にしたのは、色と素材感。
やっぱり基本は白なのですが、あんまりツヤツヤした感じは似合わなさそう。
木の素材感がやっぱりいいかな~と思っても、重厚な色味や、
カントリー調は全く趣味ではないので、シルバー(メタル)で
クールに締めている感じがいい。
そんな匙加減ともちろん予算感を考慮して決定したのがコレ。

シンプルモダン!北欧風ダイニングセット 


で、設置した写真がコレ。
(後ろにかかっているのが、縦型ブラインドです)
20070612152910.jpg


このへんで、家具選びのキーワードは「メープル&シルバー」って
感じになってきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。