スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咳唾珠を成す 

がいだたまをなす

〔趙壱「刺世疾邪賦」〕ちょっと口をついて出た言葉も、珠玉のような美しさがある。詩文の才がきわめて豊かなことをいう。
スポンサーサイト

【峻別】 

しゅんべつ 0 【▼峻別】
(名)スル


きびしく区別すること。また、その区別。
「理論とイデオロギーを―する」

【想像】と【妄想】 

そうぞう さうざう 0 【想像】
(名)スル


頭の中に思い描くこと。既知の事柄をもとにして推し量ったり、現実にはありえないことを頭の中だけで思ったりすること。
「―していたよりずっと立派だ」「―がつく」


もうそう まうさう 0 【妄想】
(名)スル


〔古くは「もうぞう」とも〕


(1)〔仏〕 精神が対象の形態にとらわれて行う誤った思惟・判断。妄想分別。


(2)根拠のない誤った判断に基づいて作られた主観的な信念。分裂病・進行麻痺などで特徴的に見られ、その内容があり得ないものであっても経験や他人の説得によっては容易に訂正されない。
「被害―」「誇大―」「あらぬことを―する」「―にふける」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。