FC2ブログ

かっこいい炊飯器が欲しい(2) 

炊飯器といえば、雑誌(多分DIMEだったと思う)で紹介されていたのが

☆新商品☆【象印】マイコン炊飯ジャー《3合炊き》
RIZO(リゾ)NS-XB05-WR(リゾホワイト)

★リゾットや蒸し料理ができる!ご飯もふっくら★
 ■炊飯容量(白米)…0.09~0.54L《3合炊き》  
 ■電源コード…1.0m
 ■寸法 (幅×奥行×高さ)… 22.5×24×22cm   
 ■質量…約2.1kg
 ■付属品…蒸し板、専用しゃもじ、専用しゃもじ立て、
        計量カップ、無洗米カップ(国内向けのみ)


これもまた、不思議な形。
ちょっとカプセルみたいです。海外市場に目を向けた、
みたいなことを書いてあったと思うんですが、なるほど。
メーカー直販ではシルバーボディのものもあるんですね。さらにカプセルみたいだ(笑)
rizo


これも十分個性的だけど、ワタシはやっぱり↓のほうが好きかな。
スポンサーサイト



かっこいい炊飯器が欲しい(1) 

現在、ご飯を炊くのにフランフランで購入した炊飯鍋<黒>を
使っているんですが(これはこれでおいしいご飯が炊けます)

せっかく引越をするなら(も、これが全てのいいわけになってます)
炊飯器、というか調理道具も物色してみたい・・・
と目を付けているのが

クイジナート「3-Cupクッキングボックス」

クイジナート(cuisinart)「3-Cupクッキングボックス」
炊く、蒸すを手軽に楽しく。ヘアライン仕上げの個性的なデザインのクッキングボックスです。リゾットや炊き込みご飯などの炊く機能に加え、シュウマイや肉まんなどの中華点心や茶碗蒸しなども簡単に出来上がります。
●容量:0.54L(3合)
●寸法:W245 ×D210 ×H220mm
●重量:2.05kg(内鍋、ガラスぶた装着時)
●電源:100V 50/60Hz
●消費電力:450W(炊飯時)、30W(保温時※)
●電源コード長:約1.2m(有効長)
●材質:ステンレス(本体)、PC樹脂(底板)、アルミニウム(内釜)
●付属品:内なべ、ガラスぶた、スチーマー、計量カップ、しゃもじ、取扱説明書
※室温20℃の場合の安定保温時消費電力


IHだ、土鍋だと炊飯専用の炊飯器が随分進化して(お高くなって)いる今、
こういう汎用性のあるものを買うのはどうかな、と思う(帯に短し・・みたいな)
けど、蒸し器も欲しかったし、デザインも好きだし、買っちゃおうかな~と
思ってます。
あ、引越祝いでもらうのが一番嬉しいかな(笑)。

ファンタゴールデンアップル 

セブンイレブンで、飲み物の棚を見ていたら、
「ファンタゴールデンアップル」を発見。

復刻版ってことで、ボトルも現在のものとは違うデザイン。

ふっつーに、「あ~なつかしいな~」と思って買った訳なんですが、
この商品、『幻の』とか『都市伝説』とか言われている代物だったんですね。

へ~。
私の記憶の中の「ファンタゴールデンアップル」は
「ロッテリアで飲めるファンタ」。

マクドナルドよりも先に我が地方都市に進出していたロッテリアで
イタリアンホットサンドとリンゴ味のファンタ(ゴールデンだったのか、ただのアップルだったのかといわれれば確かに自信ないんだけど、今回復刻版を見てこの色合いは確かに記憶にあるのでゴールデンってことで)
をオーダーするのが定番でした。
とはいっても家の近所にあったわけでもなく、子供(当時小学生)のお小遣いには少々お高いこともあって、
「土曜日のお昼に母と弟と」とか、「そろばん検定(時代を感じる)に行った時のお昼ご飯に」
なんて特別なものだったわけですが。

コンビニなんてなかったし、自販機すら数がなかったころですから(地方だからだけど)
カンやビンの製品を見たことないのも、まあワタシ(田舎の)のせいだろうぐらいにおもってたんですけど、
結構長々大論争になってたんですね~。びっくり。

現実か幻か? 都市伝説にもなったあの飲料が登場! ファンタ・ゴールデンアップル
ファンタゴールデンアップル論争

ということで、飲んでみました。
うん、こんな味だった(笑)
ファンタなんて滅多に飲まないから「アップル」と違うのかどうかと言われれば自信ないけど、懐かしかった。

氷いっぱい入れた紙コップで飲んだほうが、もっと雰囲気でたかな~?

それより、「ロッテリア」がいつのまにかリニューアルしちゃって
イタリアンホットサンドがなくなってしまっていたことにプチショック。
ロッテリアHP
さっきも書いたけど、マックデビューよりロッテリアデビューの方が早かったから、微妙に愛着もあるだけになんだか寂しいわ。
リブサンドが残ってるのがちょっと救い。

iPod用のリモコンがきになる。 

ひきつづき、iPodアクセサリーのネタです。

iPod前は、CDウォークマンやMDウォークマンを愛用していた私。
(USBメモリ兼のプレイヤー使ってたこともありますが)

iPodに替えてなにが不便だって、イヤホンにリモコンがついていないこと。
nanoはポケットに入るサイズのプレイヤーですから、
スッと出してスッと操作すればいいんですが、イヤホンコードをスルスルと引っ張ると
イヤホンジャックからはずれてしまうこともしばしば(よい子は真似しないように)

確かにiPodのホイールは使いやすいし、画面見ながらいじるのが魅力といえば魅力なんですが
(特にwithVideoだとそうでしょうね)
ジャケット画像を取り込んでるわけでもない私は、移動中の操作はできるだけ簡潔にしたい。
特に通勤電車では。

続きを読む

虎の威を借る狐 への道(4) 

さて。
ここまで気持ちが高まってるなら買えばいいじゃん!というところまで来ているのですが、

これ(Macmini)以外に何を買わなきゃいけないか、を確認しておこうかと。
むしろ半分素人がいろいろネット上で見ながらつらつら考えていることなので、
諸先輩方にアドバイスをいただければという気持ちもあったり。
(って、ここそんなに広がってる場所じゃないんだけど)
続きを読む

虎の威を借る狐 への道(3)  

と、いうことでほぼ気持ちは固まってまいりました。

で、ここで「BootCamp」とやらが、ワタシにも使えるものなのか?
Winとの共存って本当にありなのか?

すでに、いろんなレビューがいろんなところで出ているんだけど、
Macminiに特化した記事として以下を参照。

Intel MacでWindowsが動く「Boot Camp」レポート【インストール編】
Intel MacでWindowsが動く「Boot Camp」レポート【ベンチマーク編】
Intel Core搭載Mac miniレビュー【第1回】~Boot Camp時代の周辺機器選び


そして
Intel搭載Mac miniハードウェアレポート
続きを読む

虎の威を借る狐 への道(2)  

で。
「おいおい、お前もともと買おうと思ってたPCとスペック違いすぎやん!」
という突っ込みを自らしてみる(笑)。

続きを読む

虎の威を借る狐 への道(1) 

ということで、
ワタシが再びMacユーザー(オーナー)になるとして、
・どのハードを選ぶのか
・それは今の環境(100%Winユーザー)からのスイッチとしてありなのか
を検証してみようかと。
続きを読む